FC2ブログ
flower border

「検査もせず、補償もせず、『日本モデル』なんて言えるのかな?」‐緊急事態宣言の全面解除

倒産、失業が相次ぐ中、緊急事態宣言が全面解除となりました(25日)。「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ収束させることができた。まさに『日本モデル』の力を示したと思う」と安倍首相が会見で述べたようですが、何を言ってるのやら、と思いますよ。検査も行わず、補償もろくにせず、ただ自粛ばかりを国民に求め、なにが『日本モデル』なんでしょうね。海外で歓迎、とかいうような国内の報道もありま...

「賭け麻雀がばれて、国家公務員法改正案を廃案」-もう喜劇としか言いようがない。

賭け麻雀がばれて、黒川検事長が辞任しましたね。情けないを通り越して喜劇のようなものです。政府は、黒川検事長の辞任直後となる21日に、国家公務員法改正案の廃案の方針を固めたということです。これも滑稽ですね。黒川氏不在では、この改正案は不要ということを認めたようなものです。言い換えると、黒川氏のための定年延長の改正案であったということになります。廃案の理由がこれまた滑稽なんです。『新型コロナウイルスの感...

「『検察庁法改正』今国会成立を断念」-当然のことですよ。

与党は『検察庁法改正』の今国会成立を断念しましたね(18日)。世論の批判を受けての転換ということですが、当然のことと思います。そもそも国民の非常時に、このような私利私欲のための法案を国会で審議すること事態、おかしな話です。コロナ感染による国民の被害に対し、本気ではないことがばれてしまったようなものです。国民の被害に関しては他人ごとですものね。5月・6月から起こる派遣の雇い止めについて政府は把握もしてい...

この非常時に『検察庁法改正案』だって。国民が死にそうなのに、何やってるの?

私も「#検察庁法改正案に抗議します」。国民のための憲法じゃないですか。それを勝手に捻じ曲げ私物化しようとしている。それも疑惑隠蔽のためでしょ。だからこんなに急いでいるんですよ。自らの疑惑を隠蔽するには、何でも言うことを聞いてくれる東京高検の黒川弘務検事長の定年を延長しなくてはならない、ってことなんですよね。なんて姑息な人間なのかと思います。姑息といえば、こんなことを言う知事もいるのですね。「有名人...

「オリンピックどころじゃないでしょ」一番身近な国民に「おもてなし」もできない国が、外国人に「おもてなし」なんて、できるわけがないのですよ。

「オリンピック再延期はあり得ない」なんてまだ言ってるんですね。いったい何を考えてるのかな。。。国民の悲鳴に、少しでも耳を傾ければ、少しでも実態を知ろうとすれば、こんなことは言えないはず。一番身近な国民に「おもてなし」もできない国が、外国人に「おもてなし」なんて、できるわけがないのですよ。東京都練馬区のとんかつ店店主が焼身自殺、という報道がありました。ご夫婦二人で営んでいたそうですが、東京都による飲...

『補償金もPCR検査も曖昧にしときますが、国民の皆さんは引き続きしっかり自粛をお願いします!』ってことなんでしょうか?

緊急事態宣言の期限延長を受けての記者会見。ひどい内容でしたね。誰もが予想していた通り、延長にともなう補償金の具体的な発表はありませんでした。PCR検査拡大の遅れに関する質問には、専門家会議・尾身茂副座長から説明がありましたが、細かい言い訳ばかりで、長々と他人事のように説明するのですから、私は眠くなってしまいましたよ。眠くなってしまったのですが、それでも一つ分かったことは、日本は『危機管理をしてこなか...

人間の線引きはいらないです。全員に生きるための『補償』を!モタモタ、デレデレしすぎです!」

すごい仕打ちですね。緊急事態宣言が5月末まで延長されるようですが、補償なしの状態で延長だなんて無理ですよね。6月末までもたない中小企業が6割だというのに、何を考えているのか。もたないということは倒産するということじゃないですか。当然従業員は解雇となり、自己破産する経営者も続出するということですよね。中小といっても、中小が日本社会を支えてきているんです。全企業のうち、99.7%が中小零細じゃないですか。そ...

「国民には10万円をシブシブ、海外には5500億円をポン!」108兆円が消えていく

10万円の申請で大混乱の日本です。申請は郵送かオンラインということなのですが、オンラインはすでにパンク状態であり、一部の地域では給付が遅いと苦情の電話が殺到しているという報道もあります。しっかり2ヶ月かけて審議した466憶円(実際は90憶円らしいのですが)のマスクも国民の手に渡らず、一転二転三転した給付金10万円は相変わらずノロノロ。ところが、三月早々、日本はいち早くWHOに166億円を寄付し、4月16日には、IMFに...

最新記事

アルバム